堂本剛主演の90年代傑作ドラマはこれだ!人生を何度も繰り返す、君といた未来のために(ネタばれあり)

趣味や便利情報


平成生まれの方々はおそらく記憶に薄いかもしれませんが、今では放送できないであろう結構過激な内容や映像が当たり前のように流されていた時代の日テレ土曜夜9時のドラマ枠です。

その中でも私が今でも大好きで何回も録画をみかえしているのが、君といた未来のために I’ll be back 

平凡な大学生が、突然人生を繰り返してしまうタイムループに巻き込まれ色々な事件や人間ドラマが起こるこのドラマはおもしろいので超お勧めです!

スポンサーリンク

あらすじ

人生をやり直したいと思っていた大学生・堀上篤志(堂本剛)は1999年の12月31の夜、2000年を迎えようとしたその瞬間、謎の流星群の襲来と共に心臓が止まり、気づけば1995年12月23日の時点に戻ってしまっていた。

不可思議な現象に戸惑いつつも人生をやり直すチャンスが得られたことに喜び、違う人生を歩みだす篤志。

しかし今度もまた2000年を迎える瞬間になると1995年12月23日に戻ってしまった。そしてまたその次も…。

そうして同じ時間を繰り返し生きるうちに、室井蒔(仲間由紀恵)と黛裕介(佐野史郎)の二人も篤志と同じように2000年を迎えられずに人生を繰り返していることが判明。

また、この中で時間を繰り返すリフレインプレイヤーの三人や周囲の人間の過去も徐々に明らかとなっていく。

この時間のリフレインから逃れるために篤志は2000年を迎えられる方法を探っていくが…。

出典 君といた未来のために 〜I’ll be back〜

このドラマで過去を何度も繰り返してしまう三人のように、一定時間内を何度も体験している人のことを「リフレインプレイヤー」と言う。

SF上の概念であるタイムマシンによる物理的時間移動に対して発案された「精神的時間移動」に該当するものである。

引用元  君といた未来のために 〜I’ll be back〜

繰り返しの発端は映画「忘れ物の森」にあった

 

三人のプレイヤー 堀上篤志(堂本剛) 室井蒔(仲間由紀恵)と黛裕介(佐野史郎) は1999年12月31日、同じ場所・同じ時間にリバイバル上映されていた忘れ物の森を観ていた。

映画を鑑賞中の2000年になる瞬間、三人は同時に謎の心臓発作を起こしてしまい、この物語のリフレインが始まります。


もう一度人生やり直せたら 堀上篤志(堂本剛)

1999年当時は大学卒業前でも就職先が決まらず、親友シゲ(青木伸輔)の自殺の原因に気づけなかったことなどを負い目に感じ、もう一度人生をやり直せたら、と思っていた。

最初の1999年の大晦日、母との思い出の映画「忘れ物の森」が上映されている映画館そばで、亡くなっていたはずの母親の姿を見かけ、その映画を観賞中の2000年のカウントダウンと同時に心臓発作を起こす。

だが気付いた時には1995年12月23日の高校生の頃に戻っていた。

過去に戻ったら、誰しもが考えるのではないかという事を篤行動に移す様が面白い

 
  • 1995年の大荒れした競馬レースを、記憶を頼りに全財産を賭けてぼろ儲け
  • 一度目の人生で合格できなかった大学に、自分の記憶を頼りに過去の試験にでた問題を思い出し、見事合格
  • 資金をもとでに会社を立ち上げ、親友のシゲと高級車を乗り回し豪邸に暮らす生活
  • 流行前のたまごっちやヴィジュアル系バンドを見つけて、先にプロデュースして流行らせてぼろ儲けして事業に成功。散々文句を言ってきた銀行マンの親父を見返す。

競馬や入試試験の答え、流行するであろうトレンドを先取りして人生を楽しむ欲にまみれた人間の姿を篤志は見事に叶えて見せる姿が見ものです。

最初の人生で自殺をして失ってしまった親友シゲをなんとか救いたいと奮闘する場面も感動的で面白かったですね。

篤志以外のリフレインプレイヤー 室井蒔 (仲間由紀恵)

新しい人生を楽しみ、自分が過去にやりたかった職業に就く


蒔は、過去に自分がなりたかったけど慣れなかった職業に就くことで自分の新しい人生の再スタートをきり楽しんでいた。

というのも、終盤でわかってくるのだが一度目の人生の蒔は、恋人のダメ男シンヤに利用されて夜のお店で働きお金を貢ぐ悲しい人生をおくっていたのだ。

三度目の人生では、ファッションのデザイン関係の仕事に就き、シンヤと会社を経営して儲けていた。

  • 最初の人生で叶わなかった保育士の仕事をしている
  • 当時まだ発売されていなかったV6のWAになって踊ろうを子供たちの前で歌ってしまう
  • デザイン関係の仕事に就き、1995年当時まだ流行がきてないキャミソールを先取りして流行らせる。(一緒に稼いだダメ男シンヤにまた利用される)


やはりダメ男シンヤ蒔の人生の中では切っても切れない縁なのか、繰り返しの人生にもちょくちょく登場してくる。

登場時は、蒔にとって大抵ろくなことをしてこないので(事件に巻き込んだりちょっかいを出してくる)本当にめんどくさい男です。

篤志以外のリフレインプレイヤー 黛裕介 – 佐野史郎

過去に戻ってしまい人生絶望してしまうのだが、この繰り返しの人生をゲームとして楽しみ始める

  • 誰に説明しても未来から来たことなど信じてもらえずに悲観し絶望。
  • 篤志が競馬で次々と大穴を的中させたり、95年で流行前の商品をヒットさせ巨万の富を築いている事を新聞で知った黛は、自分と同じ境遇の人間が存在すると知り驚愕するのだが・・・
  • 繰り返しの人生を楽しむことを決め、篤志や蒔、二人の周囲の人間に様々なトラップを仕掛けてくる(過去に起きた工場の爆発や強盗事件現場に誘導して巻き込む)

繰り返しのゲームの中で篤志たちに敗れて刑務所送りになるのだが、人生に疲れて自殺をしてしまう。しかし、次に黛が目を覚ました先は以前とは違い1年前の1994年に戻ってきていた。

そこで黛が思いついたのが、1995年に戻ってくる前の邪魔者の篤志や蒔を洗脳して、選挙に出馬して偉くなってやりたい放題してやろうと考えていた。

しかし、次のリフレインで戻ってきたのは何故か蒔だけで、黛が自殺したことにより何かが変わり始めていたのだ。

洗脳された篤志は、蒔や親友達と敵対してしまうが、のちに未来から戻ってきて黛と真っ向勝負をする。

 

最後のリフレインプレイヤー  堀上裕美

篤志の実の母。 父親からは昔事故で亡くなっていたと聞かされていたが、実際には自殺未遂を起こし、そのときの怪我が原因で脳を損傷する。その後は記憶喪失を起こして、施設で暮らしていた。

真実を知った篤志が、母親のいる施設を訪ねたときには既に喋ることも篤志たちの事も記憶になく、ただ笑顔で毎日紙飛行機を折って森まで飛ばしに行くだけの状態になっていた。


母が小さい頃の篤志にプレゼントした形見のオルゴールは、劇中でも何度も登場し篤志を危機から救ってくれるお守りのような存在になっている。

最終回のネタばれ

裕美は家族三人で幸せに過ごしていた頃に、大好きでよく見ていた映画「忘れ物の森」をもう一度見たくて、記憶喪失を起こしていてもリバイバル上映される日(1999年12月31日)だけは、病院を抜けだして映画館に見に行っていたことが発覚。

つま最初にりリフレインを起こした映画館には篤志・蒔・黛・の他に母親の裕美の4人がいたことになる。

このことにいち早く気がついたのは黛で、最初の人生の時に映画館の近くで裕美のことを目撃していたのだ。

最終回の映画館内では、真実を篤志に見破られる。そして会場に現れた母親と、それを施設から追っていた篤志の父が現れる。

繰り返しの人生を終わらせたくない黛は、裕美を殺害しようとするも突然時が止まり、その一瞬の止まった時間だけ裕美の意識が正常に戻り、家族三人だけが動ける謎の空間ができあがる。

最後の家族水入らずを喜んだ裕美は、このリフレインの中でしか生きることができず、二人に別れを告げ新しい未来への時計の針を進めてくれた。

裕美は亡くなってしまったが、無事に2000年を迎え感動のクライマックスを迎える。

あとがき



長い解説になってはしまいましたが、やっぱりこのドラマは面白い!書いているうちにまたみたくなりました。もし人生もう一度やり直せたらな~と言う気持ちにさせる半面、自分の思い描いていた様な未来にはそう簡単にはならずに、シリアスで急展開な物語の流れを終始楽しむことができます。

劇中の独特な音楽もまたこれがいいんですよ!まだまだ語りつくせない名場面や登場人物もいるので是非本編をご覧になって下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました