自転車の空気が抜ける原因はパンクだけじゃない、虫ゴムの劣化とは

趣味や便利情報

先日、自転車に空気を入れて乗っていたところ、突然空気が抜けてしまいました。


恐らくパンクしたのだろうと思って自転車屋に持ち込んだところ、実はパンクが原因ではなく自転車の空気を入れる為についているバルブの中にあるゴムこと虫ゴムが劣化して切れていたことが発覚しました。


虫ゴムは、耐久性が経年劣化でどんどん悪くなっていくものなのですが、クタクタにねっている状態に自転車屋さんにある業者用の電動空気入れ( ホースが伸びて差し込んで空気が簡単に入れる事のできるやつ )を注入したことにより、勢いのある空気の圧力でとどめを刺してしまいました。


今回の記事では、自転車がパンクかな?と思ったら注意しておきたい虫ゴムについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

虫ゴムとは


虫ゴムとは、自転車に特別詳しい人でない限りは中々目にする機会のない部分ですが、自転車の空気を入れる際にあるバルブの中の部分に装着されているのです。


一般の人が空気を入れる際によく触る部分は、バルブキャップ(黒いゴムの蓋) と時計回りに閉めて空気の漏れを防ぐ銀色のトップナット袋ナットとも呼ぶ)がだと思います。

虫ゴムの切れる原因としては、長い間に外気や雨風や日差しにさらされて起こる経年劣化によるものや、強い空気圧で切れてしまうことで起こります。

虫ゴムの修理費用は自転車屋さんで大体200円300円で交換してもらえますが、100均やホームセンターでも販売されているので自分で買ってきて取りつけることも可能です。


ですが、たいして値段も変わらないしパンクの原因が虫ゴムだけでない場合は、しっかりと内部も見てもらえるので個人的には自転車屋さんでの修理がおススメです。


一番左の画像が虫ゴムです

空気入れを使う際の注意


自転車を乗る人ならば大半の人が持っているであろう家庭用のポンプ式の空気入れは、空気を入れるのには少し力を必要とするので面倒と言うデメリットがあります。


ですが、 タイヤの硬さを触って確かめながら調節してゆっくりと少しずつ空気をタイヤに送り込めるため、タイヤや虫ゴムへの負担を軽減して自転車のタイヤを長持ちさせてくれるというメリットもあるのです。


あなたは、自転車屋さんが空気を入れるのに使用していたり、場所によっては無料で設置してある電動の空気入れを自分で使用したことがあるでしょうか?

空気が漏れないようになっているバルブキャップをはずして、タイヤのバルブに差し込むだけで自動で空気が送り込まれるので数秒で空気が溜まりあっという間で満単です。

しかし便利な半面、空気を入れる際には気をつけなければいけないポイントもあります。

強い空気圧に注意


自転車屋にあるような電動の空気入れは、ポンプ式の空気入れとは違い空気が凄い勢いで一気に送り込まれるので簡単にタイヤに空気が満たされます。

しかし、圧力が強すぎて加減がわからずタイヤの破裂や虫ゴムに亀裂を入れいてしまう原因にもなりかねないのです。

特に注意したいのが、普通の自転車とはタイヤの大きさが極端に小さい自転車です。


折りたたみなどによく見られるタイヤの小さな自転車は、小回りが利くので細い道や切り返しが楽で折りたたみもできる物も多いので、車に積んだり持ち運んだりするのにとても便利ですよね。



その半面で、タイヤが小さい分ペダルを漕ぐ回数も多いため、「こんなに漕いでるのに全然進まないし疲れる!」という状態になりやすく、長距離の移動には向いてないのです。 



普通の自転車のタイヤに比べてタイヤも小さいので、空気を溜めこむ容量も少なく空気の減りも速いので、空気入れを使用する頻度が高いのです。



私はそんな小さなタイヤの自転車に、いつものように自転車屋の無料で設置されている電動の空気入れでガンガン空気を入れてしまい、劣化していた虫ゴムに亀裂が生じてしまっていたようです。



気がつかずに乗っているうちに、どんどん空気が抜けてきていたのでパンクしてしまったと勘違いをしてしまっていたのでした。


ポンプを送るのが重くない空気入れ


家庭用の空気入れのイメージと言えば、一生懸命力と体重を乗せて空気を送る重くてめんどくさいというイメージですよね。

ですが、現在ではそんなに力を入れなくても軽くて簡単に空気が入れる事ができるポンプ式の空気入れもとてもリーズナブルな価格で販売されています。


こちらの空気入れはボール等も膨らませるアダプター付きなので、空気が抜けてきてバウンドしにくくなってきたサッカーボールやバスケットボールも膨らませる事が出来て便利です。

持ち運びに便利な携帯用の空気入れ


いちいち大きい空気入れを引っ張り出すのが不便だし、緊急用にコンパクトに持ち運びたい人にお勧めなのは、持ち運びに便利な携帯用のハンディタイプの空気入れがおススメです。


空気を入れるのに少し時間はかかりますが、突然のパンクや海やプールへ行った時の浮き輪を膨らますのに便利です。


最後に

突然空気が抜けたら自転車のパンクかな?と思ってしまいがちですが、実は虫ゴムの劣化により急に空気が漏れてしまう原因があるのです。


虫ゴムの経年劣化をなるべく防止してタイヤを長持ちさせるには、屋根のある日差しや雨風にさらされにくい場所に自転車を置き、少なくとも月に1回くらいはタイヤのメンテナンスや空気を入れることを心がけて安心して快適な自転車ライフを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました