お酒が飲めなくて飲み会が嫌だ!酔いのメカニズムと飲み会の少ない職業とは?

日々の悩み・心理

 

こんにちはyasuoです!お酒って美味しいし、陽気になって楽しくなりついつい飲み過ぎてしまいますよね。

でもお酒が嫌いの人やあまり飲めない人は、仕事の後の飲みや忘年会、新年会に誘われるのも苦痛だと思います。私の友人は飲み会が嫌で飲み会の少なそうな会社に転職したぐらい苦手でした。


今回の記事ではお酒は全く飲めない、又は少ししか飲めない事で損な役回りをした事や、飲み会の機会が少ない職業について紹介したいと思います。

 

 

そもそもお酒の強い人弱い人の違いとは

アルコールが血液を通って体内に入ると、肝臓の働きで「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。

アセトアルデヒド とは、顔や体が赤くなったり頭痛や吐き気を引き起こす原因です。


そして「アセトアルデヒド」は「 ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2) 」という酵素の働きで酢酸に変わっていきます。

 

 

ALDH2 は アセトアルデヒド を分解してくれる作用があるため、 ALDH2 の活性が強かったり弱かったりでお酒に強いか弱いかが決まるのです。

 

 

ALDH2大きく3つのタイプに分かれます。

 

 

ALDH2の活性が弱い低活性型 

 お酒が弱くて酔いやすい人

ALDH2の働きが強い高活性型

 お酒に強くあまり酔わない人

ALDH2の働きが全くなくい 不活性型

 お酒自体が全く飲めない人

 


酔うとどうなるのか

お酒を飲むとアルコールは、胃と腸から吸収されて血中から肝臓で分解されて脳に運ばれます。

それにより脳が麻痺してしまうことにより起こる状態を酔うというのです。

 

 

アルコールには麻酔の様な作用があり、酔っ払って怪我をしてもその時はあまり痛くなかったり怪我に気がつかなかったりすることはありませんか?

 

 


アルコールは、血液から身体のあるとあらゆる場所に運ばれて脳に運ばれていったアルコールが、脳を麻酔の様な作用で麻痺させてしまい酔ってしまう現象が起きるのです。

 

 

 

酔った時の段階

アルコールで酔ってしまった時の状態は6段階あるとされています。酔いの初期は心地よくて楽しい状態ですが、お酒を飲み続けて酔いが進むにつれて気分が悪くなり不快な状態になるのです。

 

 

爽快期 

顔などがの皮膚が赤くなり、いつもより明るく陽気になる。判断力が少し鈍ってくる

ほろ酔い期

ほろ酔い気分になり、理性が失われて気持ちよくなる。 手の動きが活発になり、体温が上昇したり脈が速くなる。

酩酊初期

立つとフラつき、気がおおきくなったり大きな声を出したり怒ったり泣いたりと感情の起伏が激しくなる

 

酩酊期

吐き気や嘔吐をしたり、頭痛や眩暈で気分が悪くなり立つと千鳥足になる。

 

泥酔期

自分一人ではまともに立って歩けず、ろれうも回らず何を喋っているかわからない状態。

呼吸や心拍数も速くなり、記憶もハッキリしなくなる。

 

昏睡期

小便などの排泄物を垂れ流したり、 身体を揺さぶったり叩いたりしても応答がなく、最悪の場合は死に至ることもある非常に危険な状態。短時間で大量の酒を飲むと起こる急性アルコール中毒に近い状態。

 

飲めないと理由で損な役回りをした

お酒自体の味が好きではない、或いは全く飲めない人(不活性型) は友人と複数人で旅行やレジャーなどに行った際には運転手をさせられる事が多いと思います。勿論、運転が好きな人なら問題ないとは思いますが

 

「飲まないんだから運転してよ~」

 

なんて言い方をされたら、飲まないってだけで運転手に任命されるのは何か損した気分になりますよね。

人を乗せて運転するのだって神経を使うし、ましてや渋滞に巻き込まれたりしたら余計に疲れますよね。

運転するんだから、せめて交通費やガソリン代を最後に割り勘にした時に安くしてくれるぐらいじゃないと割りに合いませんよね。

 

 

軽く一軒だけ行こうは嘘

お酒が飲めない人にとっては苦痛の誘いですよね。まずお酒が好きな人で軽く一軒で済ますひとはあまりおらず、お金がなかったり遅くなると家族や嫁に怒られる・明日は朝から大事な予定があるという人以外は大抵2軒目もハシゴします。

 

 

本当は早く家に帰ってゆっくりテレビを見たりゲーム等の趣味したいのに、先輩や上司に終電間際まで付き合わされた挙句に次の日は寝不足という理不尽な思いをしたりしますよね。

 

 

断れば会社での風当たりも悪くなりそうだしと悩んでしまうかもしれませんが、はっきり断ってしまいましょう。そんなことで、あなたが出世できなかったり嫌がらせされるような職場だったらこちらから辞めてしまってかまいません。

 

 



割り勘負けすることがある

お酒を飲めない人が、お酒の好きな友達や会社の同僚と居酒屋などに行くと必ず起こるのがお会計を割り勘にした時の損した気分になる金額です。

 

「お前は全然飲んでないから俺たちが多めにだそうか!」と言われる事があっても、ちょっとつまんで烏龍茶たった2杯で3000円とかだと「はぁ!?」ってなりますよね。

 

 

「お通し代や座席料金が入っているから~」と言われてもあまり納得できないし、それ以上言うとケチでめんどくさい奴だなんて思われても嫌だしな・・と思って渋々出していませんか?

 

 

ハッキリいって自分の飲み食いした金額だけでいいです。あなたが食べた分ぐらいの金額は少し上乗せした額をこちらから先に渡してしまいましょう。 或いはお腹をすかせて行ってガッツリ食べてしまい元を取ってやりましょう。

 

ケチと言われたっていいんです、だってお酒が飲めないあなたを無理やり誘った相手が悪いのですから自信を持ちましょう。

 

 

 

腹を割ってないと思われる

職場の上司や先輩に飲みに行こうと誘われたら中々断りずらいですよね、最初の2.3回は何かといいわけを付けて逃げてこれても、それ以降はさすがに厳しいですよね。

 

例えば「お酒が全然飲めなくて」というと「お前はソフトドリンクでもいいから」と言っていた割には、居酒屋でお酒が進んで来るにつれて「お前も少し飲め」とお酒をしつこく進めてきたりしませんか?

 

そして酔った相手の愚痴や自慢話をひたすら聞いたりしてやったのに、挙句の果てには酔っ払った相手を介抱して送り届けてやったりと凄く損な役回りをすることが多いと思います。

お酒を飲んでいないと「腹を割った話ができない」や「何が楽しみで生きてるの?」とか好き勝手言われてたりしたことはありませんか?

そんなの呑ん兵衛の戯言だと聞き流して下さい。お酒が飲めなくたって楽しいことなどいくらでもありますよね。






飲み会が少ない職業

学生の頃とは違い、社会に出ると接待や付き合い等で何かとお酒の場は絡んできてしまうと思います。会社の飲み会が嫌だな~と思われるかもしれません。

 

 

その中でも特に、決まった曜日に会社が休みだったり就労時間が割と決まっている会社に就職してしまうとお酒があまり好きでない人にとっては仕事後の飲みに誘われる可能性が一番高いと思われます。

 

一年のうちに数少ない忘年会や新年会ですら行きたくないという人にお勧めの職業とは果たしてどんなものなのだしょうか。

 

運転手

長距離トラックの運転手やタクシー、バスや配送業のように24時間年中無休の仕事をすれば、「次の日も仕事があるので」と断れば先ず大丈夫です。

 

さすがに運転を何時間後に控えている人間に酒を無理やり勧めてくる人なんて同じ職場にいませんし、事故でも起こしたら大変なことになりますからね。

 

運転以外の仕事でも、シフト制だったり夜勤のある仕事も多少の逃げ場がありますが、やはり運転をするという事に比べれば仕事後に飲みに誘われやすくなるでしょう。


国家公務員


自衛官・警官・消防士などの規律が厳しく寮住まいだったり正義の為に日々国家に務める職業ならば、仕事の後の飲みに誘われる可能性もかなり低いと思われます。

 

次の日にお酒臭い警察官なんていたら大変なことになりますよね。しかも、事件や事故で急な呼び出しの可能性だってある仕事なので仕事後の飲みというのもかなり可能性が低いと思われます。

 

しかしながら、国家公務員になるには年齢制限もあったり非常に努力しなければならない事も多いのでそう簡単には行かないでしょう。



自営業


これは当たり前ですが、自分でお店を持ったり在宅ワークやフリーランスで活動すれば、飲みに誘われる可能性は一般企業に就職するよりも明らかに可能性が低いです。

 

ですが、収入の面では不安定と言うことも考えると大変ではあります。しかし、組織に縛られずにあなた自身で全てを選択できることが多いので、当然飲み会の機会は少ないと思われます。

 

 

ですが、自分から何かを営業しに足を運ぶ自営業などは打ち合わせのあとや商談の後に飲みの機会が多少あると思うので注意が必要です。

 

飲めなくてもお酒の場の席は好き


お酒は全く飲めなくて、皆が陽気に盛り上がっている酒の席の場や居酒屋の雰囲気やお酒のつまみがが好きと言う理由で来てくれる人もいます。

 

 

今はノンアルコールのビールやカクテルも進化して、とても美味しい飲み物になっているのでお酒が苦手だったりあまり飲めない人でも気にせずのむことができます。

気の合う友達同士で美味しいご飯を食べておしゃべりをしながらでの飲み会ならとても楽しいですもんね。

 


さいごに

お酒は自分のペースで適度に楽しむものです。弱い人や飲めない人に無理やりのませたり、盛り上げるために一気飲みをしたりして、アルコールとの間違った付き合い方をしてはいけません。

お酒や飲み会が苦手の人は、会社が年中無休で休まず営業していていて、勤務体制もシフト制の仕事を選ぶと飲みの機会が減るので是非仕事選びの際はチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました